スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学生の子育てになやみます。

ちょっとネットで調べてみたら
気になる文があったので書き留めておこう。


お母さんに甘えたり、小さなダダを上手にこねたり、「ボク、お友達と遊ぶの自信がないよ」とベソをかいたり、そんな何気ない親子の関わりの中で、子どもの抱える「苦しい気持ち」は自然に解消していくものなのです。しかし、気持ちを抱えやすい(したがって、爆発しやすい)お子さんは、繊細で傷つきやすい心をもっているわりには、「ボク大丈夫!」と平気なふりをしがちです。本心がつかみにくいのです。
(中略)しかし難しいのは、実際に苦しい気持ちを慰めてあげようとすると、「大丈夫!」と言い張ったり、「ボクの気持ちにふれるな!」と怒り出したりする
ぴっかりさんの子育て相談室 小学生編)



そうなの。まさにひゅうちゃんはこういう子。

私が冷静に対応しなくてはいけないのに
私はひゅうちゃんに対してはいつもおこりだすと、とまらなくて
今日も朝から泣かしてしまった。

年子3人の話を冷静に聞いてけんかの原因をさぐり
上手に解決策を導き出す。。。なんと難しいこと!

まだまだ未熟すぎる。。。私。。。




Secret

TrackBack URL
→http://yeahyeahblog.blog48.fc2.com/tb.php/279-ec07245c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。